自由気ままに 思いのままに 風の吹くままに

世界や経済や投資や趣味の雑感Blog

経済的に自由になるには? 富裕層になるには? どこまで必要か?

f:id:laSeigo:20180808193150j:plain

 

連日、暑くって、もう永久にバケーションが取りたくなります。
週末少し休みますが、休み足りないかも。

 

さて、経済的に自由になる、リタイヤできるようになるにはどれくらいの資産が必要なのか。投資している方はみんな思っていることでしょう。

下記は、投資をしている人にはよく見かけるピラミッドです。

 

f:id:laSeigo:20180808193621p:plain 

超富裕層 0.1%
富裕層 2.2%
純富裕層 6.0%
アッパーマス層 12.9%
マス層 78.8%

出典:野村総合研究所

 

よく住んでいる住宅などを資産に計上する方はいますが、金持ち父さん(古い)曰く、キャッシュを生まないものは負債です。

野村の資産の定義でも、純金融資産となっており、預貯金、株式、債券、投資信託などのことを指します。

ほとんどの人がマス層に属しているのがわかります。

私は現在、アッパーマス層に属しています。そう見ると、上位20%に入っているので、裕福な部類に入るのかもしれません。

しかし、富裕層に入るには1億円が必要です。その手前の準富裕層でも5,000万円必要です。

 

古いけど1作目は読んだ方がいいです。1作目だけで十分。

 

このピラミッドはいろんなことを考えさせてくれて、そして、よくできてるなあと思わせてくれます。

1億円持っていれば、リッチで一生遊んで暮らせるのでしょうか?
あと40年生きるとすると、年間250万円しか使えません。


いくら持っているかは関係ないのでしょう。そこまで増やせる能力と、その資産がいくらのキャッシュを生み出すかが大事なのでしょう。

1億円の資産が7%のキャッシュを生み出すとすると、毎年700万円使えます。

ちなみに私は利回りの下限を7%と仮定します。それはS&P500の平均利回りが7%だからです。幸いにもここ数年は7%以上の利回りが出ています。

40年と言わず、永久に毎年700万円が使えるとなると十分に豊かに暮らせるでしょう。

 

このピラミッドがよく出来ているなあと思うのは、まず、3,000万円は、投資をしなくても長年貯金をすれば達する金額です。

しかし、5,000万円は投資か会社経営などをしないと難しい金額であり、最低でも7%で運用すると350万円以上がキャッシュインします。支出より収入が増え続ける境目であり、加速的に資産が増え始めるのかなと思います。

1億円は5,000万円に達することができた人には目指せる場所ではないでしょうか。

72の法則によると、7%以上で運用できる人なら10年以内に達するでしょう。

しかし、5億円に行くには、相当の投資かビジネスが必要ですね。0.1%しかいませんし。

 

私は今、アッパーマス層です。次に目指すのは準富裕層です。
そして、準富裕層になれば、直近の投資利回りを考えると、500万円以上のキャッシュが見込めると思っています。

私にとっては十分生活できる金額だと思っています。そこがリタイヤの絶対条件だとも。

あともう少しか。まだまだか。さてさて。