自由気ままに 思いのままに 風の吹くままに

世界や経済や投資や趣味の雑感Blog

夏枯れ相場とトランプとトルコ

f:id:laSeigo:20180817004742j:plain

 

毎年恒例のお盆の暴落ですかね。

市場参加者がいない薄商いにトルコショックで株式市場は乱高下、円高ですね。

来週になれば戻るような戻らないような。

 

さて、普通の人には馴染みのないトルコですが、FXをしている人には人気のトルコリラです。

人気の理由はズバリ金利の高さです。私のようなスワップ好きを惹きつけるのでしょうかね。

しかし、金利が高い理由を把握していないとね。

金利の理由は、次のようなもの。

1.景気がいいので、インフレを防ぐため
2.1.で防ぎきれないほどのインフレやスタグフレーション
3.国が混乱していて通貨の信用がないため金利で惹きつける

 

1.はオーストラリアなどかなぁと思います。

2.はジンバブエなどが有名ですね。札束抱えて、コーヒー飲みに行くみたいな。

3.は昔、ジョージソロスにつぶされたイギリスやアジア通貨危機の時のように自国通貨安を防ぐための対策でもあります。

 

さて、トルコは・・・1ではない。

はい。という訳で、いくら金利が高くても投資すべき通貨ではないですね。むしろ、高いから投資すべきではないです。

 

今回は大損した方も多いかと思いますが、遅から早かれ大損していたので、その時が来たというだけです。

ここで気を付けるべきは・・・安くなった今がチャンス!と飛びつかないことですね。

まあ、手を出したくなるのが人の常ですが。。

 

私の投資遍歴1 - 投資家を目指して -

子供の頃に『ウォール街』という映画を見ました。

投資家役のマイケル・ダグラスがとても格好良かったのです。

高級スーツに、ブルーのクレリックシャツ、サスペンダー、大きな指輪をはめた手で葉巻を吸う。そして、株を買え!売れ!と叫ぶ!

なぜかとても格好良く見え、憧れたものです。

当時のアメリカでも彼に憧れ投資家を目指すものや、ファッションを真似る人が続出したそうです。

私も就職して、ブルーのクレリックシャツを買い、今でもクレリックシャツには愛着があり、愛用しています。

 

そして、好きなゲームと言えば、『桃太郎電鉄』や『モノポリー』。理系の私はこの手のゲームに夢中になってしまいます。

なんとなく、将来は投資をやりたいと思っていました。

 

  

ウォール街』とその続編『ウォール・ストリート 

 

日本には投資銀行などなく、まともに投資している証券会社もないし、個人の投資の制限もあるので、その分野に就職したいと思いませんでした。

そして、私が大学を卒業する頃は、インターネットの黎明期であり、マネックスなどのネット証券が誕生したところでした。

もう個人で十分投資できる環境が整っていました。

 

就職してすぐにネット証券に口座を開きました。

就職したばかりで貯金もなく、お金の貯まらない時期なので、冬のボーナスでやっと投資を始めることができました。

昔からどちらかと言うと浪費家であった私にとって、投資資金を捻出するという目的があったお蔭で、徐々に倹約思考が身について良かったと思います。

その後は、ボーナスや給料などから少しづつ証券口座に入金する癖がつきました。

 

資産を築くには、投資が欠かせないと思っていますが、その投資資金を捻出することが必要です。

私はいわゆる大手企業で働いていませんし、高給でもありませんが、一部上場企業で正社員として給料をもらって来ました。

世間の平均よりは収入が多いのかもしれませんが、毎年、数10万から100万円程度を投資資金に回してきました。

恐らく、ほとんどの方がやろうと思えばできることだと思います。

10年で1,000万円、30年で3,000万円は、貯金のみで達成できる額だと思います。

 

ここで気を付けることが一つあります。

いわゆる人生の三大買い物をしないということです。

・住宅

・生命保険

・車

マンションなどをキャッシュで購入できればいいのですが、大抵の人はローンを組むでしょう。ローンを組んだら最後、投資に回すお金は捻出できないでしょう。

生命保険については、よくわからないまま月払保険料だけを見て契約してしまう人も多いのですが、支払総額を計算してみると驚くことでしょう。
独身であれば不要ですし、家族がいても定期保険が適しています。その保険料を投資にまわすべきです。

また、車も維持費などがかかりますが、必要な人、趣味という人もいますので、身の丈にあった車を買うのはいいかと思います。

しかし、今はカーシェアリングなどもあるので、所有することに意味がない時代が来ています。私も車を持っていましたが、今はカーシェアリングにしています。

このあたりのことは、橘玲さんの本がわかりやすく面白いです。

 

 

経済的に自由になるには? 富裕層になるには? どこまで必要か?

f:id:laSeigo:20180808193150j:plain

 

連日、暑くって、もう永久にバケーションが取りたくなります。
週末少し休みますが、休み足りないかも。

 

さて、経済的に自由になる、リタイヤできるようになるにはどれくらいの資産が必要なのか。投資している方はみんな思っていることでしょう。

下記は、投資をしている人にはよく見かけるピラミッドです。

 

f:id:laSeigo:20180808193621p:plain 

超富裕層 0.1%
富裕層 2.2%
純富裕層 6.0%
アッパーマス層 12.9%
マス層 78.8%

出典:野村総合研究所

 

よく住んでいる住宅などを資産に計上する方はいますが、金持ち父さん(古い)曰く、キャッシュを生まないものは負債です。

野村の資産の定義でも、純金融資産となっており、預貯金、株式、債券、投資信託などのことを指します。

ほとんどの人がマス層に属しているのがわかります。

私は現在、アッパーマス層に属しています。そう見ると、上位20%に入っているので、裕福な部類に入るのかもしれません。

しかし、富裕層に入るには1億円が必要です。その手前の準富裕層でも5,000万円必要です。

 

古いけど1作目は読んだ方がいいです。1作目だけで十分。

 

このピラミッドはいろんなことを考えさせてくれて、そして、よくできてるなあと思わせてくれます。

1億円持っていれば、リッチで一生遊んで暮らせるのでしょうか?
あと40年生きるとすると、年間250万円しか使えません。


いくら持っているかは関係ないのでしょう。そこまで増やせる能力と、その資産がいくらのキャッシュを生み出すかが大事なのでしょう。

1億円の資産が7%のキャッシュを生み出すとすると、毎年700万円使えます。

ちなみに私は利回りの下限を7%と仮定します。それはS&P500の平均利回りが7%だからです。幸いにもここ数年は7%以上の利回りが出ています。

40年と言わず、永久に毎年700万円が使えるとなると十分に豊かに暮らせるでしょう。

 

このピラミッドがよく出来ているなあと思うのは、まず、3,000万円は、投資をしなくても長年貯金をすれば達する金額です。

しかし、5,000万円は投資か会社経営などをしないと難しい金額であり、最低でも7%で運用すると350万円以上がキャッシュインします。支出より収入が増え続ける境目であり、加速的に資産が増え始めるのかなと思います。

1億円は5,000万円に達することができた人には目指せる場所ではないでしょうか。

72の法則によると、7%以上で運用できる人なら10年以内に達するでしょう。

しかし、5億円に行くには、相当の投資かビジネスが必要ですね。0.1%しかいませんし。

 

私は今、アッパーマス層です。次に目指すのは準富裕層です。
そして、準富裕層になれば、直近の投資利回りを考えると、500万円以上のキャッシュが見込めると思っています。

私にとっては十分生活できる金額だと思っています。そこがリタイヤの絶対条件だとも。

あともう少しか。まだまだか。さてさて。

 

暑い!暑い!平成最後の夏はマジ暑い!

f:id:laSeigo:20180802230453j:plain

 

ここ数日の暑さに参っていました。。。

毎年毎年、「今年の夏は暑い」って言っています。私が子供の時は、日本は温暖湿潤気候と教わりましたが、今は、亜熱帯だそうで。

もう気温が下がることはないんだろーなぁとも思い、年を重ねていくにつれて、あと何年暑さに我慢できるのだろうと思ったり。。

あまりに暑くて、ちょっとの外出にも躊躇う時期が2ヶ月以上あるなんて。
もう日本は住みやすいところではないかも。夏の間だけでも日本を脱出したい。

 

ヨーロッパ人なんて、夏は少なくとも3週間は休みを取るわけで。
日本はそうなることはないんだろーなあと。

ここ最近の働き方改革のおかげで、昔に比べて、残業も減り、有給も取りやすくなりました。でも、なかなか1~2週間の休暇を取るのって、まだまだ勇気が要ります。

日本はしゃかりきに働くことによって、戦後の経済復興を成し遂げ、長時間労働で繁忙期を乗り切り、終身雇用を守ってきたと思います。

欧米は、長期休暇を取れる人がいる一方で、失業率も高い。
日本で長期休暇を取れるようにするには、終身雇用をやめ、雇用調整が容易になる時でしょうか。

 

一昨年ぐらいから投資のリターンが会社からの給料を超えてきました。
このまま順調にいけば、リタイアも見えてくると思います。
リタイアしたら、涼しい国を渡り歩いていけば快適なのかなぁ。
そこまでは暑さにも耐えられるようやっていこう。

この頃思うことは、リタイアの目安は? リタイアしたら何するのか?ってこと。

ネットを見回すと同じことを考えたり、悩んだりしてる人がいて、参考にしています。

 

さて、明日も暑いし、昼間に外出だ。。倒れないように気をつけよう。

 

豪ドルショート積み上がる!! じわじわ上がって・・・

f:id:laSeigo:20180716113553j:plain

 

今日は日本市場はお休みなので、市場は静か~な感じです。

暴騰待ちの豪ドルですが、そろそろかも!

 

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、豪ドルの投機的な先物ポジション(非商業部門)が、7月10日時点で差引き-4万0973枚のネット・ショートになっている。

前週の-3万9230枚のショートから、2週ぶりに売り持ちが増加した(豪ドル売り)。6月19日週にショート幅は-4万3099枚を記録。年初来の最高を更新し、2015年12月1日週の-4万6648枚以来の高水準となっていた。そこからショートが高止まりとなっている。

 

売りも枯れて、ショート整理で踏み上がるかなぁー。わくわく。

だいたい、じわじわ上がって、忘れたころに暴騰ってパターンが多い。

トランプが余計なこと言わなければ。。